スマートフォン解析

エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社ケーブル&ファシリティマネジメント

配線管理システム『VM7 ケーブルマネージャ』

VM7ロゴ画像
ネットワーク配線、通信回線、衛星通信網など有線無線を問わず、あらゆるネットワーク網の配線系統及び構成機器を対象として、それらの配置情報・接続情報・属性情報をデータベース化し一元管理することが可能です。

VM7 ケーブルマネージャの特長

ケーブルマネージャ特長画像
特長1 様々な種類の配線を統合管理
通信、電源、電話、映像送信等、配線(ケーブル)の種類を問わず統合管理できます。
特長2 配線ルート・接続情報の見える化
機器の配線情報を一覧表示し、接続状況・配線ルート・接続先機器の情報を見える化します。
特長3 CAD活用のメリット
図面上の正確な位置にケー ブルの敷設や什器等の設置ができます。情報量の多い図面でもスムーズに動作します。

機能

動作環境

動作環境画像

TOPへ戻る